星頂きました

この度、ミシュランガイド2019福岡 佐賀 長崎特別版にひら田を掲載して頂きました。

有り難い事に、一つ星まで頂戴し恐れ多い事です。

生産者、魚屋さん、八百屋さん、陶芸家の方々、そしてお客様。上げれば切りが無いくらい皆さんのお陰です。

これからも、日常の一つ一つから精進し営業して参ります。

道具の力

お料理の最後にお出しするご飯は、佐賀県某所で作られている土鍋で炊きたてをお出しいたします。

中蓋もあるので、更に圧がかかり出来上がりはもうキラッキラ!

お腹いっぱいなあの方に「ご飯のおかわりお付けしましょうか?」と丸盆を差し出せば、ニッコリと「お願いします」

もう、元の炊飯器には戻れません。

瓜仕事

梅仕事が終わったかと思えば、かわいい瓜坊がちらほら。

一年分の奈良漬けを作る時期になりました。

たっぷりと塩漬けし、秋にはお客様のお口に、お運びします。

梅や瓜、沢庵もそうですが風土と時間が美味しくしてくれます。

風炉の懐石

昨日までの雨が嘘のような、爽やかな風の中、日頃お世話になっている茶苑海月にてひら田の茶懐石を召し上がっていただくイベントを企画していただきました

お膳出し、煮物椀、焼き物、湯斗等々、一通りお出ししました

いつも店では、直接お客様のお顔が見れるのですが、出張料理の時はお客様は茶室にいらっしゃいます

ドキドキしながら、時々聞こえる笑い声に安堵を覚えました

次回は11月17日(日)

場所は同じく茶苑海月

お問い合わせ、申し込み等全て茶苑海月0955-82-4384まで!

茶懐石料理

以前、紹介した茶苑海月さんでの茶懐石料理を食べる会、6月16日の御席は残りわずかとなりました。

興味がおありの方は、茶苑海月さん(0955-82-4384)まで。

茶会

平成最後のお茶会、令和最初のお茶会を唐津は旧大島邸で行われました。

「民芸から茶の湯へ」をテーマに島原と神戸の御住職がそれぞれ席をもたれ、李朝や古唐津でしつらえた旧大島邸に、亭主とお客様の穏やかな空間が流れる。

ひら田は唐津焼の作家さんに向付、焼物鉢をお借りして、懐石をお出しいたしました。どの器もその人の色が出て、盛り付けするのもとても良い勉強になりました。

跡見席のご案内

その名の通り、平成最後のお茶会が4月30日に唐津は旧大島邸で行われます。

神戸と島原の御住職が来られ、釜をかけられます。

どんな趣向になるか今から楽しみでなりません。

その御席でひら田は懐石を担当させていただきます。

好評を頂き、既に30日の御席は満席なのですが、令和元年最初の日に跡見の御席も設けさせて頂くこととなりました。

同じく、旧大島邸で5月1日10時から。どなた様もお気軽にお越し下さい

茶懐石料理を堪能してみませんか?

唐津は鎮西町の名護屋城 茶苑海月さんが25周年を迎えられます。今年は一年を通して、様々な企画が行われるようです。 

その一つにひら田の茶懐石料理を召し上がって頂く企画があり、6月16日(日)と、11月17日(日)に行われます。

お問い合わせは茶苑海月さんまで0955-82-4384

ワインの会

ワインセラーカワハラさんと、二度目のワイン会を開くこととなりました

両日とも、御席が残り少なくなって参りました

お問い合わせ、ご予約はワインセラーカワハラさん(0955-72-2228)まで!

 

 

茶懐石 出張料理

 

■3~7名程度にて承ります

3~4名の場合は15000円(税別)のお料理のみとさせて頂きます

■料理  お一人 10000円(税別)

15000円(税別)

■出張費  10000円(唐津市内)

15000円~(唐津市近郊)

その他の地域は応相談

■皆具貸出    お一人  2000円

■各流派お問い合わせください